犯罪処理の難しさは、昔から変わらず「御宿かわせみ 幽霊殺し」

最終更新日

本作は、御宿かわせみシリーズの五冊目です。

「秋色佃島」は、収録作の中でもハードなお話。

宿のスタッフが、無料で配られた饅頭を食べて、腹を壊す事件が。

饅頭には毒が盛ってあり、名前を騙られた菓子屋は、風評被害で大打撃を受けます。

しかしそれは、八丁堀役人を狙った計画でした。

ヒロインのるいさんは、騙られた菓子屋を見舞う為に出掛けますが、遣いを名乗る男に意識を奪われ……。

同じ頃、主人公や役人の友人は、事件の裏に辿り着いていました。

かつて、金持ちの息子が、近所の娘を次々に強姦した事件がありました。被害者は、世間に漏れることを恐れて泣き寝入り。犯人の親が、金で片付けてしまいます。

そこで犯人を野放しにせず、捕らえたのが、るいさんの亡き父でした。被害者の名前を極力出さないよう気をつけましたが、どこかから噂は漏れてしまうもの。

一人の娘が、世をはかなんで首を吊り……その許嫁が、役人を恨んで、娘であるるいさんを拐ったのです。るいを犯して殺す、という男。同じ頃、主人公達は必死でるいの行方を追いますが……。

犯罪者を野放しには出来ない。けれど、その為に不幸になる人もいる……現代でも変わらない、性犯罪を扱う難しさ、デリケートさを感じる話です。

reportbike